催眠療法メルマガ第93号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第93号 2015年4月30日号


さあ、まあ普通は、持ってくるものとして太鼓なんかが無難は無難かもしれません。
さて、ここで質問です。 もし、そのクライアントさん、太鼓の音は雷と同じくらい
怖いので、太鼓の音なんて考えたくもない、なんて言ったらどうしますか?

その場合でも(催眠中に)太鼓の音を持って来ますか??

もしあなたがそう考えたとしたならば、それは果たしていったい、どういう意味が
そこにありますか??

いいですか? 何でも、似たようなものを持って来れば良いわけではありません。
ここでもってくるものは、(他人はともかく)、本人にとって、何ともないものに
限るのです。 雷に似たものの中で。

繰り返し言いますよ。 これは雷の代わりに持ってくるものなのですよ。
雷は本人にとって、どの年齢の時にも怖かったので、持ってくることができないので、
その「代わりに」持ってくるものなのですよ。
それが恐いものだったら意味はなさないのです。

それそのものが何ともなかったことがないために、持ってくるわけにいかないので、
その代わりに、似たようなもので、何ともないものを持ってくるわけですよ。

大丈夫ですか? 言ってる意味は把握できていますか?
物事、覚えればよい、というものではありません。
ちゃんと、意味を理解して自分で考えられるようになってなければ催眠療法なんてできません。
大丈夫でしょうか?

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ