催眠療法メルマガ第94号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第94号 2015年5月10日号

さあ、それで、催眠に先立ってまず、太鼓の音は何ともないことを前もって
確認するわけです。 何ともなければそれを使いますし、もしそうでもなくて、
それも怖いということであれば、別の物にするわけです。

ともかく、何か雷に少しでも似ているものの中から何ともないものを
選ぶわけです。 似ていれば似ているほど好ましいわけですが、もしかすると、
全然かけはなれているものでしか見つからないなんていう場合もひょっとしたら
あるかもしれません。また、人によっては、たとえかけ離れているものでも、
何一つ見つからない、なんていう人もいるかもしれません。普通はいませんが。

それで、例えば、太鼓の音だったら、怖くも何とない人だったとしましょう。
催眠に入れて、太鼓の音が何ともない場面を持って来ます。 この時、
何も実際の太鼓を持ってきて鳴らす必要はありません。 別にそれをやっても
悪くはありませんが。

そして、普通は、太鼓の音が鳴っていても何ともない状態が自然と出てきます。
次に、その状態を雷が鳴っている場面で出てくるようにセラピーを行うわけです。
そうすると、実際に雷が鳴っている場面でも、まるで太鼓の音がなっているかのような
何ともない状態が得られる、というわけなのです。

これがこの場合の催眠療法の概略になります。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ