催眠療法メルマガ第95号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第95号 2015年5月20日号

そういうわけで、催眠療法では通常このケースの場合、
何も雷が恐い原因を探し出すとか、
雷にまつわるものを掘り下げて行く必要なんて言うものは別にありません。

もしかすると何かトラウマがあって、雷が恐くなったというケースだって、
決して否定できるわけではありませんが、仮にそうした場合であっても、
わざわざそれに触れる必要がない場合の方が圧倒的に多いのが実際です。

また、仮にトラウマがあって、それを探し出して解消する必要がある場合でも、
これまで述べたことも行う必要はどっちにしてもあるのです。

ではもし、解消されなければならないトラウマがある場合は、はたして
どのようにそれはなされる必要があるのでしょうか?

その前に、仮にトラウマがあると仮定した場合、それが解消される必要が、
あるトラウマなのか、それとも、解消される必要はないトラウマなのかは
どのように見分けることができるのでしょうか?

クライアントさん自身にどう思っているのか聞くのが良いのでしょうか?
それとも、催眠中に何かを行ってそれを基に判断するのが良いのでしょうか?

あなたはどう考えてますか?
あと、これに付随して、それは催眠に先立って判断しておく必要はあるのでしょうか?
また、これはトラウマではないと分かるようなこととか、
催眠療法に当たって有用な、あるいは無用な判断材料とかはあったりするものでしょうか?

これら、次回までよくよく考えておいていてください。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ