催眠療法メルマガ第96号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第96号 2015年5月30日号

さて、何か考えていただけましたか?
なんて焦点が漠然とした質問をしてしまいましたが、
そもそもどこが検討すべきポイントなのかということを
しっかりと考えることがとても重要なことなのです。

ここで、では次回までにどこがしっかり考えておくべきポイントなのかを
しっかりと考えておいてください、といって、今号を終えたほうが
むしろ好ましいくらいなのですが、さすがにそれでは
一向に話が進んで行かないので、この点だけをもう一度踏まえて、
今号はもう少しだけ前に進んで行くことにしましょう。

・・・

ところで、よくクライアントさんは、何々がトラウマになっていて・・・、
という話をよくしてくるものです。

さあ、それではこうした場合、そのトラウマだとそのクライアントさんが
訴えていることの処理をすることが催眠療法を行う上で良いのでしょうか?
あなたはどう思いますか??

そこで、よくクライアントさんにちょっと掘り下げて聞いて行くと、
そのトラウマと称しているものの大部分は、よく誰にでもある
嫌な出来事、程度問題はあるかもしれませんが、思い出したくは決してない程の
嫌な出来事、嫌な思い出だったりするのです。

さあ、では質問ですが、そうしたものは果たしてトラウマなのでしょうか??
そのクライアントさんは、確かにそうだと訴えて来るわけですが。

・・・
・・・
あなたはどう思いますか??

実は記憶に残っているようなことは決してトラウマとは言えないのです。
上記のようなことはその人にとっては嫌な出来事ではあるのは間違いはないでしょうが、
トラウマでは通常ありません。

人間は耐えられないほどの出来事があると、そのことを忘れることによって、
生存を保ちます。 その瞬間はそれを覚えていると生存が保てないほどの
苦しみがその人にとっては生じるからです。 逆に言えばそれに耐えられるほどの
人ならば忘れることもないのです。

実はトラウマとはそうした忘れ去られた出来事の中にあるのです。
決して覚えていることにはほんとうのトラウマはありません。


(続く)
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ