催眠療法メルマガ第97号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第97号 2015年6月10日号

そういうわけですので、トラウマとは本人が記憶としてしっかり持ち続けている
思い出したくもない、むしろ忘れようとしても忘れられない出来事の中には
通常は、ありません。

そうではなくてむしろ、何とも思ってない何気ない本人は全く問題にも
思ってないところに潜んでいたりするものなのです。仮にその周辺の事柄は
覚えているにしても、あるいは周辺の事柄がその本人がトラウマだと錯覚してる
嫌な出来事だったりするものかもしれませんが。

ですので、退行催眠で思い出すべきものはそうした箇所なのです。

おっと、もしかしてこの最後の一文だけ話は繋がらなかったですか??

これまでどこかで、退行催眠の目的とは通常、現在の問題の原因が分からないので、
その原因がどこにあるのかを探るために行うものなのです、と言いませんでしたっけ?
忘れましたか? いえ、もしかすると私がずーっと言い忘れてきているのかもしれませんが

さて、重要なポイントは何点もあるのですが、まずここまで述べてきたことは、
クライアントさんが私のトラウマはこれこれこういうもので、と述べたものの中には
トラウマは普通ありませんので、それをあれこれ詮索する意味はどこにもないということです。
それをごちゃごちゃこねくり回してセラピーになるわけでは決してないという事です。

そうしたセラピーとは言えないけど他面、もっともらしいことを行っている施術所の話は
良くクライアントさんを通して耳にしているわけですが、そうしたこと、まさに嫌な出来事を
あれこれほじくりかえされてかえって症状を悪くされてる方々は後を絶ちません。

ですのでクライアントさんご本人がトラウマだと訴えてることそのものをほじくりかえしたり
こねくりまわすようなことは意味がないばかりではなく、絶対に行ってはいけないことなのです。


(続く)
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ