催眠療法メルマガ第98号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第98号 2015年6月20日号

実のところ、催眠には増幅作用があるものです。
ですので、催眠中に意識したことは増幅しやすいものです。
つまり、それは力を持って現実の世界に表出しやすいということです。

ですので、クライアントさんがトラウマだと思ってる思い出したくもない
嫌な出来事を思い出させていては、意図していなくても、その嫌な出来事に
力を与えて、現実の世界に現れやすくしていることになるわけです。
それゆえ、なお一層、催眠中には絶対にやってはいけないことなのです。

整理しますと、クライアントさん本人が覚えている嫌な出来事には通常、
トラウマではありませんので、退行催眠でそれを取り扱う意味はない、
ということですし、催眠には増幅作用があるので、催眠中に嫌な出来事を
わざわざ取り扱っては害になる、ということです。

さあ、それでは、トラウマとは通常、どういうところに潜んでいるもの
なのでしょうか?

これを考える題材として次の例を考えておいてください。 これは以前にも
出した例だと思います。(第何号で出したかは忘れました。)

社会に上手う適応できなくて困ってる方がクライアントとして来た時の事です。
彼女は、自分が幼い頃に母親から虐待を受けていたので、それが原因だと、
訴えました。 そこで、原因を探しに退行催眠を行いました。(本人が訴える
原因が本当の原因とは限りません。というか、違う場合は多いのです。)

そこで現れてきた場面というのは;
彼女は小学生低学年で幼稚園に通う幼い妹がいました。朝、二人で家を出る時の
場面でした。そこには他にお母さんがいましたが、妹が体具合が悪いと言って
お母さんに訴えていました。お母さんは妹ばかりにかまって、全然自分を
相手にはしてくれなかった。 という場面でした。

さあ、この出てきた内容を見て、あなたはどうトラウマを捉えますか?
次回までによくよく考えておいてください。


(続く)
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ