催眠療法メルマガ第99号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第99号 2015年6月30日号

さあ、催眠療法で思い出したこの記憶、あなたはこのトラウマをどう捉えましたか?
まず、この方は傷ついていたのでしょうか?
また、果たして傷つくような場面だったのでしょうか?

そうだとすると、お母さんがこの方を虐待して傷つけたのでしょうか?

もし、そうでなかったとすると、果たして何が起きていたのでしょうか?

それとも、そもそも初めから何も傷なんかつけられてはいなかったのでしょうか?

あなたの判断はいかがですか?

えっ? 何も判断できないですか??
こんなことくらい何も分からないようではとても人間として生きてきたとは
言えませんよ。 別にロボットがセラピーするわけじゃないんですからね。

ちょっと言葉がきつくなりましたが、常識的なことは常識で分からなければなりません。

まず、この方は、お母さんは自分の事はかまってくれなかった、ということですから、
紛れもなく傷ついていたのは確かなのです。

では、トラウマの原因とはそれだったのでしょうか?
また、お母さんはこの方が主張しているように、
この方を虐待していた、ということなのでしょうか?

この方は傷ついていたのだから、外見上はたとえ虐待に見えなかったとしても、
それは虐待だった、ということなのでしょうか?

それとも、それはまさしく虐待だったということでしょうか??

それとも、虐待なんてそもそもなかった、ということなのでしょうか?
でも、本人は傷ついていたことは確かなのですよ。
本人は記憶にそれがずーっとあったばかりでなく、実際に蘇った記憶でも、
自分は相手にされてなかったのですから。

混乱しましたか?

では、視点を変えて聞きますが、
思い出した場面で、もしご本人が一人前の大人だったとしたらどうでしょうか?
何かが変わってきますか? それとも何も変わりませんか?


(続く)
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ