成功率

 成果が出やすい人と出にくい人がいると言われてますが、それは成果が出やすい人が成果が出やすいという物理的な遺伝子を持っていたり、単に運が良いからというわけではありません。その違いはその人の心の状態にあるのです。(あくまで的確にセラピーが行われた場合の話です。) もちろん、生まれながらにして催眠にかかりやすい人やかかり難い人がいるのは確かではありますが、それらの数はほんの僅かです。物理的な薬のように誰でも物理的に作用するものとは働き方のメカニズムが根本的に違います。

 こう言えば意外に聞こえるかもしれませんが、実は催眠というものは誰でも入れるものなのです。いや、もっとハッキリ言えば、気づかないだけで、誰だってこれまで何度となく催眠状態になったことがあるものなのです。 ですが催眠療法では何かが少しばかり違ってくる場合があります。
 ある非常に成功している心理療法士によると、「全人口のうちおよそ20パーセントは筋金入りの嘘つきで、そういう人は何をしようが嘘をついてしまう。筋金入りの嘘つきには魂に一貫性が欠けている」とのことです。
 私のクライアントの20%がはたしてそれほどの嘘つきとは思えませんが、4%(20%の20%)程度の方は確かに他の方々とは反応が著しく異なるのは事実です。
 これは逆にも言えて、20%の方はとりわけ素直な成果がダイレクトに現れますし、中でも4%(20%の20%)程度の方は私の期待を超える程です。
 残りの中間の60%の方々はそれなりに成果が現れます。ここで言うそれなりというのは催眠療法にとってそれなりと言う意味で、これでも十分他の療法(通常の心理療法等)より顕著に成果が現れるレベルです。

 催眠療法ではクライアントが筋金入りの嘘つきかどうか等をいちいち細かく分析はしません。 催眠に入れることができたからといって催眠療法が成功するとは限らないのと同様に、通常の心理療法で精神分析が正しく行われたからといって、カウンセリングが成功するとは限りませんが、それは催眠療法では尚更です。重要な事は精神分析ではなく、問題の解決なのです。 優れたセラピストの場合、結果が全てを示してくれますので、いちいち精神分析を行う必要はないのです。 精神分析を行って人間の頭で判断するよりも、実際に行えば区別は自動的につきますので、精神分析するより、療法の時間を含めてもその方が近道なのです。





催眠療法とは

催眠療法に求めるもの
催眠療法は高度な
カウンセリング手法

催眠療法CD

催眠療法質問箱
公開  非公開

催眠療法の
基礎知識

催眠療法とは
催眠療法では
ないものとは?

催眠療法と脳
催眠療法の催眠状態

催眠療法の成功率

ヒプノセラピー、
催眠療法の資格とは

「催眠療法」で検索する
催眠療法士に関する
ほんとうの注意点とは

退行催眠のウソ
催眠療法
無料レポート

催眠療法
エリクソンか
クラズナーか

催眠療法
エリクソンの場合

催眠療法
クラズナーの場合

はたしてどっち
臨床催眠療法博士
上野智行プロフィール

博士号学位記
セッションのご案内へ

催眠療法質問箱
過去ログ集


催眠療法トップ


催眠療法トップに戻る

臨床催眠療法博士 上野 智行
〒180-0005 東京都武蔵野市御殿山1−2−6−302
Email MXB03321@nifty.com

     リンク

上野智行の催眠療法セッション