エリクソンかクラズナーか

ミルトン・エリクソンの場合

 ミルトン・エリクソンは医師でもあったが現代催眠療法界の巨人と言える。 長い間エリクソンの手法は人がまねできないような独自の手法が使われクライアント一人一人に対して全て違い、一般化できる定形がない、とされていた。 特に催眠状態に誘導することもなく、いつの間にかクライアントは知らないうちに気がつかないうちに催眠状態に入っている、そして気がついてみると望む状態がまさに得られている、まるでそれは魔法のようにさえ感じられたようだ。 後に、グリンダーとバンドラーは主にミルトン・エリクソンの手法を分析し、定形はないと思われていたその手法が実は脳のメカニズムを巧みに用いたある種の定形があることに気づき、それをNLPとして紹介している。 エリクソニアン(エリクソン流)と呼ばれる一派は主にこの知識をセラピーに用いているようだ。 これについてはまた別項で触れよう。 NLPはこのようにそれ自体は心理学というよりは脳のメカニズムなのだ。 

クラズナーの場合

 それに対してクラズナーは自身の多数の臨床経験から、とてもシンプルでなおかつ確実に作用する確度の高い「臨床催眠療法のクラズナー法」を開発した。
これにより催眠療法は一気に一般に広く知れ渡る事になる。 その方法は優れ過ぎていて、ハッキリとした定形があってマニュアルがありあたかも誰でもが催眠療法ができるのではないか、と錯覚させるほどの完成度だ。筋書きがはっきりあって、 この点ミルトン・エリクソンの場合とは随分趣を異にするように一見見える。 (決してエリクソンとは異なる見解に根ざしているいうわけではない。) 解り易過ぎて誰でも真似できそうに一見見える点、かえって素人催眠療法家をもたくさん作りすぎる結果となった点は否めない。 だが、催眠療法は何も天才や鬼才でなくても秀才でもできることを世に知らしめた功績は何にも代えられないだろう。 別に素人催眠療法家を養成するのが目的だったわけではないのだから。

はたしてどっちが?

 さて、あなたはエリクソン派? それともクラズナー派?
はっきり言って、こんな問いは何の意味も無い。 なぜならば、どちらの巨人も自分のオリジナルだからだ。 クラズナーはなにも定形化された「クラズナー法」を学んでその手法で行ったのではなく、自身の臨床経験から「クラズナー法」を編み出した人なのだ。 そう、クラズナーが定形化された手法を使っている、という表現は的を外している。
クラズナーの手法もオリジナルなのだ。
 一方、エリクソニアン(エリクソン流)を名乗る催眠療法家達は一方ではいる。
でも、良く考えていただきたい。 そもそもエリクソン流というからには、他の誰もがまねしようとしても真似できないような手法なのだ。 分析されたその手法をもし真似したならば、それがエリクソン流だとはたして誰が言えよう? 
クラズナーの催眠療法の大衆化は一方では弊害ももたらしたかもしれないが、玄人受けしそうなエリクソニアンももしかすると静かな弊害と言えるかも知れない。

催眠療法とは

催眠療法に求めるもの
催眠療法は高度な
カウンセリング手法

催眠療法CD

催眠療法質問箱
公開  非公開

催眠療法の
基礎知識

催眠療法とは
催眠療法では
ないものとは?

催眠療法と脳
催眠療法の催眠状態

催眠療法の成功率

ヒプノセラピー、
催眠療法の資格とは

「催眠療法」で検索する
催眠療法士に関する
ほんとうの注意点とは

退行催眠のウソ
催眠療法
無料レポート

催眠療法
エリクソンか
クラズナーか

催眠療法
エリクソンの場合

催眠療法
クラズナーの場合

はたしてどっち
臨床催眠療法博士
上野智行プロフィール

博士号学位記
セッションのご案内へ

催眠療法質問箱
過去ログ集


催眠療法トップ


催眠療法トップに戻る

臨床催眠療法博士 上野 智行
〒180-0005 東京都武蔵野市御殿山1−2−6−302
Email MXB03321@nifty.com

     リンク

上野智行の催眠療法セッション