催眠療法の本場米国で臨床催眠療法の博士号を取得した私だからあなたのお役に立てます。
催眠療法ホームへ

催眠療法のグラール大学


催眠療法博士
臨床催眠療法博士 上野智行
米国NPO グラール大学学長
米国大学教授会会員

もっと詳しく --> クリック


催眠療法セッションルーム
セラピールーム



和やかに進むセラピー
人には言えないその辛さは、
        なぜ心療内科でもダメなのでしょう?

あなたいつまでそんな苦痛と
        戦い続けていたいのでしょうか?

これは魔法ではありません
        でも・・・・・・・・・・・・・・・・・


 次の話は実話です。

 Kさんはとても魅力的な淑女です。 
はた目には一見満たされていそうなそんな彼女にも、
実は15年間にも及ぶ人には言えない悩みがありました。

 その悩みとは、16歳の時から、常に頭の中から食べ物が離れず、
毎日何度も思いっきり食べては、全部吐いていたことでした。 

 そんな状態から、もう15年間も抜け出せずにいたのです。

 こんな事ではいけない!何とかしなければ、と思いながらも、
ずっと誰にも話す事さえできずにいたKさんも、
このホームページを見た時、これまでとは何かが違うのがわかりました。

 そして数日後、心は心地よさで満たされ、
頭の中のモヤモヤもすっかり取れて帰宅したかと思うとあら不思議、
これまで15年間もダメだった食事を普通に取ることが
できていたのでした。

 これまでは何やってもダメだったのにもかかわらず。 

 いったい彼女には何が起こっていたのでしょう?!
 実は、Kさんだけではありません。

 これまで数千人にも及ぶ数多くの方々が同様の恩恵を受けてます。

 以下の声はそうした体験者の方達の声のほんの一部です。 

2階ベランダから下を見ただけでも目が回る渓流釣り好きの男性
 私は幼少の頃から高所恐怖で、自宅2階のベランダから地面を見降ろすのも目がまわる程でした。
でもたった1度の催眠療法を受けたおかげで、世の中が一変しました。
自宅のベランダから地面を見ても、めまいもせず、渓流釣りでは、源流に足をのばせる様になりました。
 (40代 男性 栃木県)
     
電話に出ると何故かパニック、・・・    ある有能な女性
 電話を取り社名を名乗るときに口が回らなくなってしまって、
苦痛で仕事にも集中できなくなってしまっていたのが、
他では10回くらい通っても変わらなかったのに、
この催眠療法で、
職場でいきいきと電話をとる自分がはっきりとイメージでき、
実際この問題は一回で解決しました。 
(30代 女性 千葉県)
         
10人前の食欲が一度で消えた少女
 1日に10人前は食べては吐き、というコントロールできない食欲に自傷行為までした私でしたが、
何と一度受けただけで私の頭を頑として離れなかったこの食欲が消えました。
これほど感激したことはありません。
自分がこんなに早く健康的な食生活が出来る日が来るなんて思っても見ませんでした。
 (10代 女性 埼玉県)
     
人前で頭が真っ白・・・     茫然自失の女性
 人前で字を書く事が恐ろしく心拍数は上がり頭が真っ白になる私は
他の心理カウンセリングでは冷たい対応を受けることもあって何年も悶々としてましたが、
この催眠療法で深い心地よさと安心感に包まれ、
緊張した場面ではむしろ緊張してる自分が面白くなるほど、
コントロールできるようになり、自信がつきました。 
(20代 女性 東京都)
    
30年以上の不眠と疲労感。
 30年以上も続く不眠と疲労感。
1回目から自然に深い催眠状態に入り落ち着きと安定の境地を体感でき、
3回目ぐらいからこの長年苦しんできた疲労感が嘘の様に体が軽く感じられ、
気分も明るく爽快に、不眠も、いつの間にか眠りに入れるようになりました。 
(50代 男性)
     
朝まで眠られない不眠が安眠に変わった女性
 1年前、他で受けた時、様々な映像を無理矢理想像させられ、
見えもしないものを見えたと言わされて、とても疲れただけでしたが、
こちらでは、緊張で一杯だった初回で、2〜3分で全身が軽くなり、
嘘の様に楽になりました。
朝まで眠られなかったり週に半分は薬に頼っていた睡眠が、
1度も薬に頼る事なく眠られるようになりました。
 (30代 女性 神奈川県)
          
30年以上の喫煙状態から一瞬にして脱出した50代女性
 初回を受けた直後から、30年以上1箱以上吸っていたタバコを、
吸いたいという気持ちにならなくなりました。結局それ以来1本も吸ってません。 
(50代 女性 東京都)
     
二人になると顔が引きつる日常が10年以上も続いていた女性
 私は十数年前から対人恐怖で、二人だけになると顔が引きつり、
そんな自分を見られるのが嫌で友人との付き合いはとても苦労してきました。
他の催眠療法では性格が偏っているとか、教訓めいた事を言われ傷ついただけでした。
でも、この催眠療法では、言い表す事が出来ない心地よさを感じ、
たくさんの原因も解決し、確実によくなりました。 
(30代 女性 群馬県)
          
トイレのことを考えると発狂しそうになっていた青年
 私の悩みはトイレ恐怖でした。乗り物や会議など、とにかくトイレを制限される状況になると
脂汗が出てきて発狂しそうになるのです。
酷い時はトイレに行ったばかりなのに、30分と経たないうちにまた行きたくなるといった感じでした。
自分ではどうしたら良いか迷い、病院の泌尿器科でも検査をしました。
しかし、異常は全く見つかりませんでした。医師からは「精神的な問題」と言われ、
膀胱の緊張を抑える薬を処方され、あまり気にしてはいけないと言われました。
しかし、あの時の私にとって頭では理解していても「気にしない」という事は本当に難しい事でした。
                                             
トイレ恐怖になったのは大学1年生の秋でした。当時、大学に通うのに片道2時間半をかけていました。
電車を何回も乗り継いで向かうのですが、乗り継ぎの度にトイレに入らないと不安でした。
途中下車してトイレに駆け込む事もしばしばありました。急行電車には乗れなくなりました。
各駅にトイレが設置されているので、電車はまだましです。しかし、車でのドライブなどは無理でした。
高速バスもトイレが設置されていないものがあると考えただけで乗れなくなりました。
大学の講義時間は90分あるので、講義の前は5回くらいトイレに行き、すぐ抜け出せるように
扉の近くに席を取るようになりました。                                                                  
 とにかく外出すること自体が怖くなり、ほとんどひきこもりの状態になってしまったのです。 
それから6年の歳月が流れました。
このままではいけないと思い、何とか克服したいと思うようになりました。
沢山の催眠療法が受けられる所から上野先生のホームページに辿り着きました。
催眠療法について詳しく紹介してあり、質問箱でも親切に相談に乗って頂いた事がきっかけで
お世話になろうと決めました。
     
 催眠療法が自分に有効なのか心配していた自分に「トイレにすぐ行きたくならなかった頃があるなら、
十分可能だよ。」と言って頂き、とても安心したのを覚えています。 成果は初回からありました。
心全体を埋めていたトイレの事があまり気にならなくなり、本当に心が軽くなったのです。
     
 その日のうちに、行きたくても行けなかった所に行こうと思いはじめたのです。
その日は歯医者に行きました。診療台にあがってもパニックになりませんでした。
歯医者に行っただけなのに、行けた事が嬉しくて仕方ありませんでした。
     
セッションを受けていくうちに車にも乗れるようになってきました。
外出時にも2時間、3時間とトイレに行かなくても平気になりました。とにかく外出する事が楽しくなり、
自信がついてきました。 
(20代 男性 東京都)

 では、Kさんはじめ、これらの方々が受けた療法とはいったいどんなものなのでしょうか。
 それは、熟練した専門家が行う催眠療法です。

 「催眠療法」という名でもその手法や成果は皆同じではありません。
 日本で「催眠療法」というと、一般向けのセミナーで催眠(療法)の知識を身につけたとされる方が、
催眠療法、ヒプノセラピー、前世療法などと称して行っているものを指しているようです。
催眠療法は医療と異なり公的免許というものがないためなのでしょう。
そのために現実には逆にストレスを引き出して傷つきかえって苦痛が増すクライアントの方も
残念ながら多いようです。
本来の催眠療法の成果を生むためには十分な知識と経験が必要だからなのです。

 一般向けのセミナーを日本でも行っていた催眠療法界の権威者、クラズナー博士は
実は米国では1982年、大学院博士課程までの高等教育機関を設立しています。
催眠療法は1958年、米国医師会によって承認された療法で、本来は誰でも行えるようなものでは
ないからです。

 これまで恩恵を受けられた方々の中には例えば次のような方々までもが含まれます。
仮にあなたが病院で治療を受けている方だとしても、その治療の効果に満足されていないならば、
もしかするとあなたはそうした病気ではないのかもしれません。 
 心療内科や他所の催眠療法で満足した結果を得られてない方、どうぞご参考にご覧下さい。

体が重くて重くて思うように動けず、まるで怠け者になったようなあなた

 今のあなたは体が重くて動くのが辛いかもしれません。
でも以前のあなたは元気で軽やかに活動していたはずです。
 なのに、今ではまるで自分が怠け者であるかのように体がついてきてくれない、
決してやる気がないわけじゃないのに。 家族からも理解されない状態。
 でも、以前の元気な軽やかな心身の状態は潜在意識に今尚保存されています。
 あなたのその状態を潜在意識の引き出しから取り出し、現在に呼び戻し安定させます。

過激なダイエットが祟って吐くために食べるようになったあなた

 よく過激なダイエットが切れて過食嘔吐に走る方がいます。
 あなたがそうであってもなくても、人は元々健全な食生活のパターンを潜在意識に保存しています。
 あなたのその状態を潜在意識の引き出しから取り出し、現在に呼び戻し安定させます。

心身にアンバランスを感じて普通の生活ができなくなったあなた

 人は元々健全なパターンを潜在意識に保存しています。
 あなたのその状態を潜在意識の引き出しから取り出し、現在に呼び戻し安定させます。 

電車などに乗ると動悸や息切れ、不安感などに襲われパニックになるあなた

以前は元気に電車等に乗っていた事があるあなたは、その時の状態は潜在意識に今尚保存されています。
 あなたのその状態を潜在意識の引き出しから取り出し、現在に呼び戻し安定させます。

人前であがって、頭が真っ白になるあなた

 プレゼンテーションであがってしまう、人前で喋る時にあがってしまう、 そういう方は割りと多くいます。
 以前はそんな事もなかったのに、というあなた、以前の良い状態は潜在意識に今尚保存されています。
 あなたのその状態を潜在意識の引き出しから取り出し、現在に呼び戻し安定させます。
 習い事などで小さな頃からあがっていたあなた、練習する必要がなくなるわけではありませんが、
楽に練習できてそれを本番で再現できるようもっていきます。

これまで数多くのダイエット方法に挑戦してはいつもリバウンドを繰り返してきたあなた

 巷には数多くのダイエット法があります。 でも、我慢するダイエット方法では続きません。
 努力や我慢するものはどこかで切れて、反動が出ます。 
 どんなに過食の人でも人は本来、適切な食生活のパターンを潜在意識下に持っているものです。
 そうした状態は潜在意識に今尚保存されています。 
あなたのその状態を潜在意識の引き出しから取り出し、現在に呼び戻し安定させます。
我慢することなく、あなたに適した健康な食習慣に変えます。 
その結果として体重のコントロールができるようになります。 

タバコをやめたくても無意識に吸ってしまっているあなた

 喫煙は中毒ではありません。 もし中毒ならば、夜眠っている時でも肉体が要求して目を覚ますものです。
 喫煙は習慣です。 習慣は変える事ができるものです。
 たばこを吸わないで健康に生活してる状態は、潜在意識に今尚保存されています。
 あなたのその状態を潜在意識の引き出しから取り出し、現在に呼び戻し安定させます。
上野式メンタルセラピーでは我慢することなく、
禁煙者としてタバコなしですがすがしくストレスのない生活ができる習慣へと変えます。

心地よい安らかな眠りに入れないで日々悶々として生活もままならないあなた

 あなたに適した自然な眠りのパターンへ誘導し、
毎日気持ちよく落ち着いて眠る習慣を身につけます。

PTSD、トラウマ、アダルトチルドレンで日常生活が狂わされて困っているあなた

 辛さは様々でもショックな出来事以前の元気な状態は潜在意識に今尚保存されています。
 あなたのその元気な状態を潜在意識の引き出しから取り出し、現在に呼び戻します。 

手が震えて人前で字が書けず、結婚式や葬式に行けないあなた

 肉体的な原因ではなく、緊張から来る場合、
以前手が震えていなかった頃の元気な状態を潜在意識の引き出しから取り出し、現在に呼び戻し安定させます。

スポーツや勉強等のスランプからどうしても抜け出せなくて生きる気も失せたあなた

 ベストの時の状態もあなたの潜在意識は記憶しています。
 その状態を潜在意識から巧みに引き出し現在に再現させる方向に導きます。

学力向上・集中力強化をいくら頑張ってもできないあなた

 潜在意識からそれらが可能な状態を巧みに引き出します。

幻影を見ているかのように現実感を失ってしまったあなた

 現実のものが現実感が感じられなくなって自分が浮いたような存在に感じるあなたでも、
潜在意識は以前の現実感がある現実にしっかり地に足をつけて生活していた状態を覚えています。
 この状態を今にもたらす方向に導きます。

肩こりが針灸整体でかえって辛くなったあなた

 肩や首のこりの中でも物理的なこりではなく心の状態が作り出すこり、
というものは比較的多いです。
整体に行った時はその時だけはほぐれるけど、すぐ元のこった状態に戻ってしまう場合、
心をほぐすことで体にも変化があらわれやすいものです。

その他、原因不明で心身のバランスを崩したあなた

 肉体的には何ともなくても何処か辛いところがあるあなた。
 それでも、あなたの潜在意識は元気な状態を覚えています。
 その状態を現在にもたらす方向に導きます。


 ただ、もしあなたが肉体的な面で苦しんでいるのであれば、まずは肉体的に医療機関で検査等されて下さい。
催眠療法は外科手術や投薬等と異なり、いくら熟練した専門家でも直接肉体に働きかけられる療法ではないからです。
 また、催眠療法は先祖や霊を扱うものでもありません。

 また、あなたが催眠によってあなたが現実に直面する問題を避けて逃げようと考えているとします。
 つまり催眠にかかって終わってみると自分の知らないところで全ての問題が何もしないで
いつの間にか解決していることを望んでいるとします。 そういうあなたには、催眠療法は決してお薦めしません。

 催眠療法はしばしば常識を超えた驚くほどの成果をもたらしてくれますが、それは魔法ではありません。 

 あなたがこの違いがわかって、現実的にも必要な努力からは逃げない方であれば、
きっとあなたもKさんのように催眠療法の恩恵を受けられるでしょう。
我慢するのはもうやめましょう。


この熟練した催眠療法を行う専門家 上野 智行 とはこんな人です。

1958年北海道生まれ。臨床催眠療法博士
大学卒業後、大手電機メーカーで半導体チップの開発に従事。
特許出願6,7件。うちこれまで4件を取得するほど活躍していたが、
脳出血により左半身の機能を失い挫折。
強い麻痺で歩く事も立つことも全くできない状態から
介護なしで日常生活ができるまでに回復。 その時の体験から
「自分と同じように様々な事で悩んだり苦しんでいる人たちの力になろう」と決意、
それまでの仕事を離れ、
2000年 (クラズナー博士設立の)American Institute of Hypnotherapy  博士課程修了
独立。 現在は催眠療法の会顧問を務める。
「これまであれもこれも試して何も変わらなかったのに、今1回受けただけなのに
こんなに楽になるなんて・・・」と笑みを取り戻したクライアントさんと楽しく話す毎日です。

また、正しい催眠療法の普及と振興のため、
2002年、米国カリフォルニア州認可のNPO通信制大学、グラール大学を設立。
2003年 グラール大学はカウンセリング等の分野で学士、修士、
博士の学位授与のライセンスを取得。(州教育局より。)

これまで正しい催眠療法の普及の他、心身の辛さやアンバランスに悩む数多くの
人々に正統的な催眠療法をベースとした高い確率でヒットする上野式メンタルセラピーを行う一方、
正しい催眠療法の普及に活躍している。

 「熟練した専門家が行う催眠療法」は次のようにとても和やかに行われます。

1. あなたがどういう時にどういうことに困っているか、それはいつからか、そして、今何を望んでいるか、
どうなれば満足なのかを具体的に要点を簡潔にお話下さい。
(細かい事まで必要ありません。 特にこれまでのあなたの全人生を語る必要は全くありません。)

2. 催眠について簡潔に、しかし的を射た説明を例をあげながらいたします。

3. あなたの心身の反応を用いて催眠療法のメカニズムを解り易く具体的に、
理解していただきます。

4. 気持ちよく催眠状態に誘導されます。(決して気を失うわけではありません。意識はハッキリあります。)

5. 催眠中にあなただけのための特注のセラピーがなされます。意識はハッキリあり、これまでいくら頑張ったり我慢したりしてもできなかった「満たされた状態のあなた」が実現されていきます。

6.催眠から解けると、セッション前と比べて信じられないほど楽になった新しいあなたがそこにいるはずです。

7. 今起きたこと、今後について注意する点等の説明がなされて初回セッションを終えます。


 そうして、最初にご紹介したKさんのように、まるで魔法にかかったように常識を超えた成果がもたらされるのが通常の場合です。 でも、これは魔法ではないのです。「熟練した専門家が行う催眠療法」なのです。この療法の事を「上野式メンタルセラピー」と呼んでいます。 

心療内科でダメだった方でも受けられます。 どうぞご相談下さい。

よくある質問 

Q. ダイエットしたいのですが、いつも途中で挫折してしまいます。
上野式メンタルセラピーで我慢が持続できるように頑張れるのでしょうか?
また、何回くらい受けたら成果が現れるのでしょうか?
A. 我慢することは何事も持続しません。どこかで必ず反動が起きるものです。
上野式メンタルセラピーで用いる催眠療法は貴方を我慢や努力から解放します。 
だからリバウンドも起こらず長続きするのです。そして成果はたいてい初回から実感できるものです。

Q. それは他の問題でも同じですか?
A. 他の問題でも基本的に同様です。

Q. 初回から成果が出るなら一回で終了ですか?
A. それまでの習慣のパターンは残念ながら既に潜在意識に刻み込まれています。 
それまでのパターンは生き残っていて常に元の悪い状態に戻す機会をうかがっています。 
良い状態がしっかり根付いて定着し、この負のエネルギーが消滅するまでは通常数回必要なのです。 

Q. 付き添いがいても差し支えありませんか?
A. 構いませんよ。 セラピールームには付き添いの方お一人分の椅子があります。

Q. 間隔はどの程度おくのがよろしいでしょうか?
A. 標準的には1週間に1度ですが、最初の頃は良い状態をしっかり築く土台を造るため比較的間を詰めて、終わりになるにつれてより長期的な視野で見るため間隔は開けるのが適してます。 実際には日常の生活とのバランスをとりながら間隔を決めます。

Q. 遠方なので通うことができません。 どうすれば良いでしょうか?
A. こちらには遠方者用の対策がございます。 もちろん、最善なのは通っていただくことですが、
次善の策として、2日連日で行い、2日目にこの対策を用います。 お申し込み時にお申し出下さい。 

Q. もし退行催眠を行った場合、思い出したけど秘密にしておきたいことまで言わなければならなかったり、
言わされてしまうものなんですか?
A. いいえ、そんな必要はまったくありません。 言いたくない事なら言わない方が良いのですし、
言わないからといってセラピーが進まないこともありません。 それに、催眠に人を操る力はもともとありません。 あなたは催眠中といえども常に意識はハッキリありますし、総ての選択権はあなたにあります。 
その気になればいつでも目を開けて催眠から自分で出てくることもできます。今あなたが目を開けているように。

Q. 催眠にかかるとどういう感覚になるんですか? 眠ってる感覚とどう違うんですか?
A. 催眠に入ったからといって特別な感覚はありません。 眠っている感覚とも違います。 
もし眠っている感覚と同じであれば、あなたは毎朝目が覚めたとき、
それまで催眠に入っていた感覚があったことになります。 
ですが、催眠状態にはそうした特別な感覚はありません。 強いて言えば、リラックスしている感覚ですが、
そうかといってリラックスしていれば催眠に入っていると言うわけではありません。

Q. 過去の辛い出来事をほじくり返すこと、それのどこが癒しなのですか?
A. よく、過去の辛い体験を思い出して再体験する事が催眠療法だとか、癒しに繋がるとか、
退行催眠の目的だとか、インナーチャイルドのヒーリングだと勘違いされている方がいます。 
ですが、そういうことを行えばたいていは過去の辛い出来事を現在に持ってきてしまって、
現在がかえって辛くなるものです。 傷口はかえって広がってしまいます。
過去の辛い出来事をほじくり返して良いはずはありません。

Q. では、退行催眠を使う場合、使う意味はどこにあるのですか? 
A. 通常、退行催眠を積極的に使う意味はありません。
 退行催眠は通常、現在の問題の原因が分らない時、その原因を過去(や過去世)に見出し、
解放させることで現在の問題を解放に導く手段として用いられます。 その結果として、探り当てた体験が
たまたま辛い出来事だったと言う事はよくありますが、わざわざ辛い出来事に焦点を当てるものではありません。

 ただ、現在の問題の原因が分らない場合でも、その多くの方々は原因を突き止めることなく
解決されているのが現実です。 そのため退行催眠が必要な方は決して多くはいらっしゃいません。
 ですが、中にはそれナシでは現在の問題が解放に向かわない方もいらっしゃいます。
退行催眠を用いる時はこうした場合で、退行催眠が第一選択肢となる場合は稀です。

 尚、 思い出した記憶が他人の指示ではなく、あなた自身が思い出したものでなければ、
それは退行催眠になってはいません。

Q. パブロフの犬みたいな条件反射で本人が望む状態を創ったり、性格を変えることができるのですか?
A. いいえ、そういうメカニズムではありません。
 条件反射には繰り返し繰り返しの覚えこみ、が必要になります。
それを元に、催眠療法では繰り返し繰り返し暗示を与える必要がある、と勘違いしている方がいます。

 それに対して、(無条件)反射は、そうした繰り返しの学習を介さない反応です。 
例えば、沸騰してるやかんに手を触れると、思わず、手を離します。 
それは繰り返しの学習の結果ではありません。

 催眠療法で得られる状態もそうした繰り返しの学習の結果ではありません。 
繰り返しの学習効果が潜在意識の力を引き出すものではありません。 

 また、人の性格と言うものは長年積み重なってできた本人の集大成のようなものです。 
変えられる部分は本人の意志の力で変えられますが、根幹の部分を変えるとなると、
それは本人のそれまでの存在を否定する事にも繋がるので、
本人の潜在意識の芯の部分がストップをかけます。

 自分自身の性格というのは本人のその時の一時的な都合で都合が悪いからと言って
変えて良いものではないのです。 
(意志の力で)変えるべきものは、「心を無視して都合を優先させるその態度」なのです。  
それができない人が催眠療法に限らず様々な恩恵を受け取れない方なのです。 
ちょっと抽象的な話になりましたが、素直な心が大事、ということです。

Q. 催眠って一時的な効果でしかないのでしょ?
A. よく催眠術では、腕が動かなくなったり、変てこな行動をとらせて笑いを誘っています。 
ですが、それはその時限りの一時的なものなのはお分かりでしょう。 
それを根拠に、催眠療法の効果は一時的なものなので繰り返し繰り返し行わなければならない、
あるいは、一時的な効果しかない、と思っている方がいます。 

 確かに催眠ショーの催眠術では、直接的な催眠でしかありませんし、
潜在意識にアクセスするレベルのものではありませんので、その時だけの作用しか期待できません。 
なるほどこれでは麻酔のように一時的な効果しか期待できません。

 しかし、上野式メンタルセラピーでは、
潜在意識にアクセスしてパターン(習慣)を本人が望む状態に無理なく置き換えるため、
(何度かはかかりますが)半永続的な変化を引き起こす事が可能なのです。 
(参考;「手の振え」の人に対して、「手が震えません」、とか「禁煙したい人」に、
「たばこを吸いません」という催眠術レベルの暗示はほとんど何の意味も持ちません。
「タバコを吸うとむせます」は、やってはダメな暗示の典型です。)

Q. 視線恐怖症で、よく街を歩いていたり電車に乗っていると人に見られているんではないか、
と思ってしまって気分が悪くなります。 
頭で考えれば人がいちいち見ていないことくらい判るのですが、体や心がついてきてくれません。 
こういう私でも何とかなるでしょうか?

A. こういう問題をお持ちの方は比較的多くいます。 
たいていはあなたの中でのクローズした問題ですので、上野式メンタルセラピーがお役に立てます。 
でももし、頭でも常識的に考えられなくなってしまうと上野式メンタルセラピーでも処置できなくなりますので、
お急ぎ下さい。

Q. 催眠術との違いをもっと詳しく聞きたいのですが。
A. 催眠術というのは皆さんがよくテレビで見て楽しむエンターテインメントによく用いられる催眠です。 
見世物としての催眠で、こうした催眠を療法に用いるのは不適切です。 

 それにしてもテレビの催眠ショーは何故あれだけ派手なのでしょう!?
 実は催眠に入りやすい人、というのは経験上、全体の20%くらいいるものです。 
何人かに一人はとても催眠に入りやすいものなのです。
 そしてもしそれにその方のサービス精神が加わった場合、・・・、そう、皆さんはそれを見て楽しんでいるのです。

  催眠ショーというのは20%の催眠に入りやすい人の中で、
サービス精神豊かな人に協力してもらっているからこそ成り立つ見世物なのです。

 催眠術師の仕事は催眠にかかりやすい20%の人を選別することで、
決して誰にでも催眠をかけているわけではないのです。 ここが落とし穴なのです。 
実は全体の20%の人は、未熟な催眠技能でも催眠に入れてしまうものなのです。

 そしてさらに悪い事には日本ではそうした人達が催眠療法士と名乗って開業しているのが現実なのです。 
催眠療法を行うのに免許はいらないからです。(本場米国でも公的免許はありません。) 
テレビの催眠ショーなら人を選別して催眠かけて良いのですが、
療法を行うには来訪者を選別することは本来はできません。  
でも現実には、「あなたは催眠にかかり難いから・・・」とセラピストに言われたという人が後を絶ちません・・・

 人を選ばずに、20%ではなく、ほとんど全ての方々を催眠状態に誘導できなければならないのが
催眠療法士であるにもかかわらずです。 
(ミルトン・エリクソンの晩年の弟子W.H.オハンロンは著書の中で
「伝統的催眠誘導で催眠に入れる人の割合は25%」と述べてます。)

  しかも催眠状態に誘導してからが本当のセラピーの始まりなのです。 
米国では上野が博士号を取得したクラズナー博士設立の大学/大学院やキャパス博士設立の教育機関が
知られてますが日本にはこうした専門機関はありませんでした。 
(スクールとか養成講座と名のつくところはありました。) 
近年、上野が設立した専門機関(大学/大学院)はまだ知る人ぞ知る存在です。

 催眠療法士の本格的な養成には直弟子の育成を別とすればこうした専門機関が不可欠なのです。  
クライアントの方々総てがプラス思考で成功できるわけではないからです。 
(キャパス博士は著書の中で「プラス思考で成功する人は5〜7%だけ」と述べてます。)

 まとめますと、催眠術師は催眠にかかりやすい20%の人を選別することで仕事(ショー)をしてますが、
催眠療法士ならば催眠にかかりやすい人を選んでいては仕事にはならない
のです。 

あなたがその20%に入っていない場合は尚更、
催眠療法の高等教育を受けたセラピストから受けないと意味はない
のです。

 余談ですが、こうした事情から、朝日メンタルカウンセリングで行う催眠療法は
上野式メンタルセラピーと呼び、他と区別してます。

Q.上野式メンタルセラピーのコストパフォーマンス(費用対成果)は?
A. 決して安価ではありません結果的にかなり割安と言えます。

Q.どうすれば上野式メンタルセラピーが受けられますか?
A.こちらです。 クリックして下さい。

Q.いつ受けるのが適してますか?
A. このまま悩みながら時間を過ごしていれば、これまでの状態はより強固なものとなってあなたをさらに苦しめます。
  今の状態を変えたければ一般に早ければ早いほど変えやすいものです。

  あなたはいつまで今のままでいたいですか?
  それとも、今の状態を変えて元気でいたいですか?



催眠療法博士
臨床催眠療法博士 上野智行



臨床催眠療法博士号学位記
 習慣的日常的な状態は潜在意識に刻み込まれていきます。
そして潜在意識の状態というは現実の世界に顕現されてきます。
あなたの辛さも、日常的な状態が長く続くほど、このパターンに更に深くはまってしまいます。

    催眠療法


和やかに行われるセッション
遠方の方には遠方者用の対策があります。

ご参加はこちらより --> クリック

当施術は医療行為ではないため薬物の投与等は一切行いません。
当サイトよりお申し込みの方は信頼できるセラピストよりお受けになれます。
また、プライバシーは申し込みの時点から秘密厳守に努めております。
 
  上野 智行
ご参加はこちらより