サイト運営者について

 臨床催眠療法博士  上野 智行

1958年生まれ、北海道出身。 本名:上野 直樹
2000年11月、クラズナー博士設立の大学院、
American Institute of Hypnotherapy 博士課程修了。

Doctor of Clinical Hypnotherapy
(臨床催眠療法博士)

 大学を卒業した後、大手電機メーカー等で半導体集積回路の開発に従事。
1987年-1990年、ヨーロッパ勤務。
特許出願は6,7件。うち4件を取得するほど活躍していたが、
1998年、脳出血で左半身の機能を失う。
強い麻痺で歩く事も立つことも全くできなくなったが、自己催眠により、
介護なしで日常生活ができるまでに回復。 その時の体験から
「自分と同じように様々な事で悩んだり苦しんでいる人たちの力になろう」と決意、
技術者としての仕事をやめ、
2000年11月、クラズナー博士設立のAmerican Institute of Hypnotherapy  博士課程修了。
臨床催眠療法博士。

  東京、吉祥寺にて開業、
催眠療法家として、多数のクライアントの方々、
鬱やパニック障害等々の心身の不調和の方や、
禁煙やダイエット等の習慣の改善、
あがり症や手の震え、頻尿、離人症の方々、
その他、原因不明の困りごとを抱える方々に対して、
セラピーを行う傍ら、弟子の育成も行う。
また、正しい催眠療法の普及と振興のため、
2002年、米国カリフォルニア州認可のNPO通信制大学、グラール大学を設立。
2003年 グラール大学はカウンセリング等の分野で学士、修士、
博士の学位授与のライセンスを取得。(州教育局より。)
2006年、数年来の過労から、静養のため大学もクローズし、第一線を退く。

 現在はセラピーは主に弟子に任せ、主に茨城県で田舎暮し。

雑誌にも紹介されました (禁煙に関して)

雑誌
Urb アーブ 2006年8月号
雑誌
取材取材
CanCam キャンキャン 2002年 5月号

このページの先頭へ