退行催眠

退行催眠のホンモノとニセモノ

退行催眠の実際

退行催眠はどのように行われるのか、
退行催眠のニセモノとはどのようなものなのか、
その一例をあげて簡単に解説を行います。

退行催眠のホンモノ

 退行催眠でまず、退行してどのように記憶を思い出していくかを典型的な例をあげてご紹介しましょう。
セラピストが投げかける言葉がクライアントの意識に弾力を与えて記憶のとっかかりを捉えて糸をほどくように思い出すのに役だっているのがお判りでしょう。(ここでは前世に退行してます。)

・・・・・・催眠誘導の後で・・・・・・・・・・・・・
セラピスト :さあ、今あなたは何が見えますか?
クライアント:んー、何も・・・みえません・・・
セラピスト :まぶしいのですか? 暗いですか?
クライアント:暗いです・・・
セラピスト :何か感じますか?
クライアント:んー、いえ、別に。
セラピスト :周りに誰かいるような気配はありますか?
クライアント:んー、何か・・・尼さんみたいな方がいるような・・・
セラピスト :あなたはどんな人ですか?
クライアント:・・・・・
セラピスト :あなたも尼さんですか?
クライアント:いえ、違います。
セラピスト :そこはお寺か何かですか?
クライアント:そうです。お寺のようです。
       あー、だいぶ見えてきました。
セラピスト :あなたはそこの人ですか?
クライアント:そうかもしれません。
セラピスト :どんなお寺ですか?
クライアント:んー、あまり大きくはないですね。
       私は住職かな?
セラピスト :何をしてますか?
クライアント:尼さんが掃除をしてるようです。
セラピスト :あなたはどんな服装をしてますか?
       あなたもそこで掃除をしてるのですか?
クライアント:いえ、私はしてません。 
       私は・・・えっ、物陰にいるようです。
       あー、これは結構大きなお寺ですね。
       私はこのお寺の者ではないですね。
セラピスト :あなたは何故物陰にいるのですか?
クライアント:んー、誰かを待っているのかな・・・
セラピスト :誰かと約束があるのですか?
クライアント:んー、んー、・・・・
セラピスト :その方は来ましたか?
クライアント:いえ・・・まだ。
セラピスト :何故物陰にいるのですか?
クライアント:隠れているみたいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 (以上は実例を一部変更して載せました。)
  実は山場はこれからで、トラウマが明らかになるのもこの後で、セラピー(催眠療法)もその時に行われるのですが、記憶を思い出す過程はみなさんにも一断面でも良く捉えることはできたと思います。(もちろん催眠療法がいつもいつも退行催眠を必要としてるわけではありません。むしろ退行催眠が必要なケースは少数派です。)


退行催眠のニセモノ


 退行催眠とはとても言えないニセ退行催眠の例を次に示します。括弧内はクライアントが内心思っている内容です。
 
セラピスト :さあ、小さな子供の頃、とても落ちつけた場所に行って下さい・・・、
       さあ、今あなたは何処にいますか?
クライアント:んー、公園です。
セラピスト :さあ、今、あなたの方に小さな動物が近づいて来ました。
       それはどんな動物ですか?
クライアント:んー、猫かな。
セラピスト :さあ、その猫は宇宙から来た生き物でした。
       今、その猫を迎えにUFOが降りてきました。
       あなたは猫に案内されてUFOに乗りました。
       さあ、そのUFOの中はどんな感じですか?
       何がありますか?
クライアント:んー、 (??そう言われたってねぇ・・・)
セラピスト :そのUFOはあなたのあこがれる外国です。
クライアント: (???なんじゃ?)
セラピスト :さあ、そのUFOはこれから何処に行きますか?
クライアント:うーん、ハワイかな? タヒチかな?
        (いったいなんなんだろう・・・)
セラピスト :さあUFOがタヒチにやってきました。
       あなたがUFOから出たとき、
       周りの人はどんな様子ですか?
クライアント:んー、驚いてるようです。 何か私を宇宙人だと
       思っているようです。
セラピスト :彼らはあなたに何かしましたか?
クライアント:うーん、何か棒みたいなもので私を突っついてます。
セラピスト :あなたはどうなりました?
クライアント:うーん、痛い、と言って倒れました。
セラピスト :あなたはよく子供の頃、仲間外れにされたり、
       みんなからいじめられたことはなかったですか?
クライアント:うーん、普段はないけど時々は・・・
セラピスト :では今、倒れた子供のあなたを抱きしめて下さい。
       そして、「何時も大人の私が見守ってあげているから
       大丈夫だよ、もう何も心配しないで」といってあげて下さい。
クライアント:はい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
     さて、ここで、クライアントは何も思い出しもしてないのが、明確に皆さんにもお判りになるでしょう。 そして、物語をセラピストが事実上作り上げてクライアントに与えている。 これでひょっとして百歩譲ってインナーチャイルドのヒーリングになっているとしても、退行催眠では全くありません。
 
 これはまがいものの退行催眠の一例です。



臨床催眠療法博士  上野 智行
(グラール大学学長)
プロフィール へ

 
催眠療法トップ へ戻る   失敗しない催眠療法士の選び方



リンク

グラール大学(催眠療法が学べる通信制大学)
お悩みメールカウンセリング(心理カウンセリング)
朝日メンタルカウンセリングの催眠療法セッション(上野智行の対面催眠療法セッション)