催眠療法の良い受け方、悪い受け方

失敗しない催眠療法士の選び方

催眠療法士の後悔しない選び方とは


催眠療法は今、ブームなのでしょうか?

催眠療法関連のページはここ2年もしないうちに何倍にも増えているようです。


催眠療法は現在もなお進化する療法ですが、
決して海のものとも山のものともつかない研究段階や実験段階の療法ではありません。
既に実用段階にある優れた療法です。
米国医師会は1958年、催眠療法を承認しています。

しかしながら日本では催眠療法がきちんとできるところは決して多くはないかもしれません。
今日まで耳にたこができるほど多くのクライアントさんを通して、
催眠療法とはいえないまがい物療法の話をたくさん聞いてきているからです。
もちろんその総ての方が正確な情報を伝えてくれているわけではないでしょうけど、
(低質な催眠療法士同様、流れ者クライアントも中にはいますので)、
実際素人同然の方々が催眠療法士と名乗っているケースは多いようです。

一般には知られてませんが、米国には催眠療法で博士号が存在しますし、
催眠療法は1958年には米国医師会によっても承認されているように、
催眠療法は根拠のある優れた療法ですし、とても学術的なものです。
催眠療法は単にトレーニングを受ければできるようになるものではありません。
ですが、そうした自称催眠療法士の方々はどうやら多そうです。

私、上野は催眠療法で(米国の)博士号を持つ専門家として、
皆さんが催眠療法を受けるにあたっての正確な知識を得ていただきたく
このページを立ち上げています。

催眠療法を受ける方々は自己責任において受けなければならない現状があります。

医師なら医師免許を持っているという最低限度のレベルは皆クリアーしてるわけですが、
催眠療法士にはそうした免許はないからです。 
もっとも、医師免許取るのに催眠療法は全く関係ありませんし、
医師が催眠療法できるとはまったく限りません。
実際、医療機関では保険の利かない催眠療法は実際的ではないでしょう。

催眠療法、では、どういうまがい物が多いのでしょうか?


さて、これまでクライアントさんの方々からのお話を総合すると、
まがい物催眠療法で最も多いのは、催眠にさえ入っていないものです。

通常は催眠療法は初回から変化が現れますし、そうでなくとも、
催眠にかかっていたことくらいは判るように納得させてくれるものです。
(催眠にかかっている実感はないにも関わらず、たいていの場合可能です。)

次に多いのは、退行催眠療法もどきです。
(これに関しては、退行催眠のページを参照。)

次に多いのはこれと関係するかもしれませんが、
過去の嫌な出来事をわざわざ思い出させて、トラウマの解消とか、
過去の再体験と称して、現在に辛い出来事を持ってくることです。
これでは現在の状況はさらに悪化します。(好転反応ではありません。)

これらの知識だけでもかなり、避けるべき催眠療法士の判断はつくと思いますが、
催眠療法を受けようと思うアナタのために、さらに重要事項をまとめた
催眠療法の秘密のレポートを配信してます。

催眠療法特別レポートご希望の方は下記フォームにご記入の上
「無料請求」ボタンをクリックしてください。無料です。

このサービスは終了しました。

お名前: / 電子メールアドレス:

 
催眠療法トップ へ戻る  退行催眠ホンモノとニセモノ